瞑想日記 2日目

午前8時/20分間

起きて歯を磨き、朝食の前に瞑想。仕事に行く前に支度以外のことをするなんて何年ぶりだろう。半跏趺坐は当面組めそうにない。足のストレッチが必要だ。起きたばかりでも、心はあちこちに飛び回る。朝に聞こえてくる物音は意外と多く、なかなか集中できない。耳からの刺激に対してうるさいなと思うのは、自分の思い通りにならないことにいらだちを感じているのだなと思う。集中度は昨夜と同程度だったが、20分は比較的早く感じた。「呼吸をしている体」を、体の中にいながら離れた所から見ている感覚が少しあった。自然に息をしながら呼吸を観察することはまだ難しい。背筋を伸ばして座り、姿勢が崩れているのに気づいては直し、の繰り返し。

午後9時/10分間

帰りの電車でたまたま座れたので、試しに電車の中で瞑想ができるかどうか試してみた。当然だが物音や人の話し声が多く、そんな中で自分の呼吸だけに集中するのはとても難しい。全く集中できないわけではなかったが、当分は静かな場所でないと無理そうだ。

午前2時/20分間

寝る前に挑戦。眠気と、おそらく眠気から来る下半身のむずむずした感じが強く、ほとんど集中できなかった。非常に心地が悪く、何度も瞑想を中断しかけた。残り5分くらいが一番つらかった。集中できなそうなときに無理して瞑想するのはやめよう。